マイナーブランドな自転車を楽しもう

マイナーブランドの自転車は日頃、量販店や通販サイトなどで、ブランド自転車以上に目にする事が多いですが、自転車の個体
情報などは雑誌や専門書籍では全く扱われません。当ページはマイナーブランドな自転車に乗る事を恥ずる事無く、趣味として
楽しむ方法を紹介します。
知っていると便利な情報TOPページへ戻る


 マイナーブランドの自転車とは?

最初にマイナーブランドの自転車って?と思われる方もいらっしゃると思います。
当サイトの中の扱いとして、ブリジストンやミヤタなど代表的なメーカー以外、さらに大雑把に分類して、自転車専門誌の誌面上で決して扱われる事が無い、知名度の低いブランド(もしくはブランドが無い)のメーカーが製造する量販自転車を示します。
ブランドで売り出したい自転車メーカーや商社は、自転車の専門誌に載せてもらうために出版社の広告スポンサーになったり、ライターに対して謝礼を払って紹介記事を書いてもらうなど、営業活動が繰り広げられており、この営業活動で発生した経費は販売管理費として自転車の製造原価に積まれます。いったん専門誌に掲載されれば、おのずと読者が飛び付きますから、ブランドとして認知された自転車は販売価格が高くなっても売れてしまうというのが業界の仕組みなのです。
これとは別に東南アジアの安価な人件費で作られ、量販店や通販カタログに陳列され販売が行われる自転車があります。
こちらは全くと言って良いほどメーカー名が前面に出る事はありません。
判りやすく説明すると、「少量を高価格で売る=ブランド力に頼る」という売り方を行うメジャーメーカーと、「大量を低価格で売る=ブランド力に頼らない」という売り方を行うマイナーメーカーの2つに大別されるのです。
ちなみに目にする事が多い「HUMMER」や「JEEP」の自動車メーカーのロゴが入った自転車は、どちらに属すると思いますか?
意外かもしれませんが、マイナーブランドのメーカーになります。これはロゴに使われたブランドが有名というだけで、自転車を作っているメーカーの名前で販売されていないからです。
つまり、いくら世間では有名な自転車といえど、自転車専門誌でその存在は黙殺され報じられる事はほとんどありません。
市場に多く出回っているのは明らかにマイナーブランドな自転車なのですが、インターネットで検索してもヒットするのは趣味性の高い方によるメジャーメーカーの自転車を扱ったホームページやブログばかりです。皮肉な話、メジャーメーカーが絶対という風潮で情報統制されているようなものです。それどころか、マイナーブランドの自転車に対し「粗悪品」のレッテルが貼られ差別も行われています。これではマイナーブランドな自転車に乗られる方もホームページやブログを開設する気になりません。
本来、趣味としての自転車を楽しむにあたり、楽しむ方向のジャンル分けは必要ですが、その目的のために所有する自転車がどこのメーカーの何だろうが関係ありません。特にブランドの有無なんて話題にするだけ野暮な話です。
スーパーで買ったママチャリだって風と友達になれます。皆さんもそう思いませんか?

 マイナーブランドの自転車は危険?

量販店で販売された自転車が、走行中にフレームの溶接部が分解し乗車中の方が重傷を負ったというニュースが報じられ、日本の自転車業界団体が「BAAマーク」を制定するきっかけになったのは記憶が新しいところです。
実際にTVでBAAマークが無い自転車のブレーキ制動力に問題が有る点を強調したCMが放映されていましたが、安価に提供するために海外で作られた自転車と、日本独特の対クレーム思考で作られた自転車を同条件で比較する事は難しいのです。
マイナーブランドの自転車とBAA付自転車の間の格差は、貧弱部分に手を加える事で埋める事が可能です。
私も制動力に少々不安を感じたところが有りましたので、真っ先にBAA対応のブレーキシューへ交換しました。

マイナーブランドの自転車の中にはホンモノの粗悪自転車が存在する事を否定しません。しかし、信頼できる販売者を選ぶ事で粗悪自転車の購入を未然に防ぐ事は可能です。安全に購入するための条件は以下の通りです。
・連絡先が明確な業者から購入する。購入後に音信不通になる業者もいます。明確に存在する業者から購入しましょう。
・品質保証が付いている事を確認する。いくら安くても品質保証が無い自転車の購入は大変危険な上、トラブルの元です。
・自分の目で見て購入を判断する。海外品の中にはネジの緩みやパーツが不適切に取り付けられているものが有ります。
・通販の場合は整備済みのものを購入する。上記の事もありますので、発送前に整備を行ってくれる業者を選びましょう。
・オークションなどの個人輸入品は買わない。珍しい自転車も有り魅力ですが、上記の4条件にあてはまりません。
最近は量販店に加え、大手自転車チェーン店や家電販売店でもマイナーブランドの自転車が多く扱われ、メジャーブランドとマイナーブランドの区分無く、明確な品質保証で販売されるようになりました。以前に比べれば粗悪自転車に当たる率は少なくなっていると言っても過言はありません。

 管理人の自転車のモデファイ紹介

オフ会で出向いた先でのちょっとした移動や日頃の健康管理のため、自分専用の自転車が欲しいと思っていたところ、ステラの新車購入時に付いてきた特典を利用して、6段変速ギア付の折りたたみ自転車を手に入れました。
型式をネットで調べたところCAPTAINSTAGのYC-9845である事が判りました。

CAPTAINSTAGはキャンプ用品のブランドであり、自転車そのものはJIS規格取得品でした。
スペックは、20x1.75タイヤ、アルミリムホイール、スチールフレーム、シマノ製6速変速機、Fスプロケット48T、重量15kg。
なお、一応CAPTAINSTAGというブランドは付いるものの、製造メーカーは不明ですので立派なマイナーブランド自転車です。(笑)
納車後しばらく乗ってみました。以前所有してた自転車に比べ乗り味は悪くないものの、次の欠点(=不満)を確認しました。
・乗り心地が悪い。
・グリップをにぎった時の感触が固くて痛い。
・ポジションがスポーティじゃない。
・折りたたんでもペダルが畳めないのでインプレッサのトランクに入らない。
・夜間の走行対策が施されていない。
根っからのモディファイ魂に火が付いてしまい、不満解消のためにパーツ交換へ走りました。※( )内は市内の購入先
まずは、ソリッドな乗り心地の純正サドルを発砲ウレタン入りMTB用サドルに交換。(カーマ21で調達)
ついでに盗難防止用のワイヤーロックも導入。(イオン市野店

にぎった時の感触が硬かった純正グリップを発砲スポンジ製グリップに交換(丸亀自動車販売自転車部で調達)
ポジション改善のため、バーエンドバーを追加。(サイクリー浜松店で調達)

折りたたみペダルに交換。(丸亀自動車販売自転車部で調達)※命に関わる部分なので、ここは品質絶対で選択しました。

尾灯は100円ショップダイソーのLED尾灯を追加しました。この尾灯は多機能でコストパフォーマンスは最高です。
ネットでも多く紹介され大評判です。落下しやすいそうなので、タイラップも併用して固定してます。

クランクギヤを大口径化(46T→52T)に変更しました。

タイヤを20x1.75から20x1.5のロード用タイヤに変更しました。

上記のパーツに交換して、こんな風なスタイルになりました。(2012/5/2)

サイクルコンピュータの導入
インターネット上のサイクリング記事の影響を受けて今度はサイクルコンピュータ(サイコン)なるものを取り付けたくなりました。
サイクルコンピュータとは走行速度や平均速度、総移動距離、移動にかかった時間、そして消費カロリーなど、多彩に表示を行なう機能があり、通販だと1180円で売られるものもあります。
早速、同じものを自転車専門店やホームセンターで探しましたが、同じメーカーの売価が高いもののみで見つかりませんでした。無ブランドの景品自転車にお金をあまり投じたくないため、(と言っても投じてますが)他の方法を探してみました。
そしたら有りました。それも身近なところに。そうなんです。手元のiPhoneが使えるんです。

アップルストアでサイクルコンピュータの代用になるソフトウエアを探したところ、「Bike Mate Lite」というフリーソフトを見つけてダウンロードしました。このソフトウエアは無料ながら自分が希望する機能が全て盛り込まれています。
iPhoneでスピードメーター?と感じた方もいると思いますが、GPSの位置情報と移動時間から計算して割り出されるのです。

自転車用iPhoneマウントの製作

iPhoneをサイクルコンピュータとして使うためには自転車に固定するためのマウントが必要になります。
私の場合インプレッサとマウントを共用する必要が有るため、市販品を加工して製作しました。
モデファイはまだまだ続きます。以降はブログでお確かめ下さい。
※ご注意
当ホームページの情報を流用をされる方は自己責任でお願いします。
自転車やiPhoneの破損に対しましては一切責任を負いません。

 マイナーブランドの自転車に関する情報交換

先にも記しました通り、マイナーブランドの自転車に乗る事を恥ずる事無く楽しみましょう。
私の方もこれからやってみたい事はまだ多く有りますが、急がずコツコツと進める予定です。

ブログにも自転車関連の記事をアップしています。ぜひコメント下さい。
 ・フォールディング自転車のモデファイ 2011/04/25
 ・サイクルコンピュータを導入しました 2011/04/30
 ・落下試験をしてしまいました 2011/05/05
 ・今度は壊さないように 2011/05/07
 ・マイナーブランドな自転車を楽しもう 2011/05/08
 ・サイクルコンピュータ取り付けとプチモデファイ 2011/06/11
 ・クランクギアの大口径化 2011/06/29
 ・PC用ヘッドセットをトランシーバーに流用 2011/07/03
 ・室内で自転車のタイヤ交換 2012/05/02
自転車いじりのネタやお勧めパーツなどの情報の発信や収集を希望の方はフリーテーマ掲示板もご利用下さい。

 自転車が安く購入できるサイトの紹介

最近は最低限の工具で組み立てられる状態に整備された自転車が購入できるサイトも多くなりました。
安心して自転車が通販で購入できるサイトを紹介します。(自転車以外の買い物もできます)

今やメジャーブランドのドッペルギャンガー製自転車が大変安く購入できます。


「HUMMER」や「Lamborghini」など自動車ブランド自転車が特価で購入できます。


テンプレートのpondt