フリーマーケットでのトラブル防止について

 これまで当フリーマーケットは、インプレッサオーナー同士の善意の互助精神で運営して来ましたが、悪意の利用者による
 トラブルが発生しました。ご自身がトラブルの被害者にならないためにも、当ページに必ず目をお通し下さい。


1.個人売買には必ずリスクが伴うことを認識する
 「送金したのに品物を送って来ない」これがトラブルの代表です。詐欺を行う者は最初から架空の口座や偽名を用意する
 など、念入りに計画を立てた上で架空取引をデッチ上げます。
 架空の銀行口座の開設は、表向きはできない事になっていますが、そうでもないのです。(関連記事)さらに詐欺被害だけ
 に留まらず、取引相手に自分の個人情報(住所、氏名、電話番号等)を悪用される可能性も否定できません。
 トラブルに巻き込まれないポイントは、相手の言動に過敏に反応しないよう冷静に対応する事と、相手に失礼の無いように
 迅速な対応を心懸ける事です。

2.相手の情報を確認する
 相手からメールで教えられた情報は鵜呑みにせず、本当に正しい情報であるか確認して下さい。
 本項の全てを実行して相手の氏名、住所、電話番号の3点を必ず確認して下さい。
(1) 運転免許証のコピーをFAXしてもらう。
(2) 電話代の請求/領収書のコピーをFAXしてもらう。
(3) 相手がフリーメール(※)を使っている場合、プロバイダ(接続業者)のアドレスを教えてもらう。
プロバイダのアドレスが無い場合は職場で使っているアドレスを教えてもらう事。
(フリーメールのまま取引を進めない)
フリーメールとは、無料で取得できるメールアドレスです。インターネットのホームページ等から必要
 事項を入力するだけで簡単に入手できるため、詐欺行為に必ず利用されます。

 代表例:***@hotmail.com ***@yahoo.co.jp ***@anet.ne.jp ***@mail.goo.ne.jp

【提供された情報が正しいか調べる】
 ・相手の電話番号が存在するか、NTTの104番で調べたり、直接電話して確認する
 ・相手の住所が本当に存在するか、住宅地図やMapfanを利用して調査する
 ・相手が教えてくれた郵便番号に住所や電話番号と矛盾がないか調査する


3.信用できない相手とは絶対に取引しない
以下のような相手とは、絶対に取引しないことをお勧めします。
(1) 個人を特定する情報は一切教えてくれない。 ←論外です
(2) 運転免許証でなく「社会保険証」や「健康保険証」を身分証明に利用しようとする。
(3) 2の項の(1)と(2)の住所が違う。
(4) 教えてもらった電話番号にダイヤルしても通じない。または本人が電話口に出ない。 
(5) メールアドレスはフリーメールしか持っていない。
(6) 教えてもらった住所に住んでいない。
本人が直接出ない場合は要注意です。電話代行サービスが電話を取り次ぐ事が有ります。
  電話代行サービスとは、「家族のふり」「社員のふり」を行って代理に電話に応答するサービスです。
 
【具体例】下記の条件の全てに該当する方との取引は見合わせましょう。(信用できません)

 ・運転免許証に記載されている住所に住んでいない。
 ・住まいや職場にパソコンが無く、インターネットカフェや貸パソコンでインターネットを利用している。
 ・メールアドレスは、フリーメールのアドレスしか持っていない。
 ・電話は携帯電話しか持っていない。
 ・居住場所が賃貸住宅(社宅を除くアパート/マンション/借家)。

4.代金の支払方法について、十分に検討する
 売買トラブルの大半は、代金を先に支払ったのに商品が届かない、というパターンです。
 商品を購入する場合は、手渡し代金後払いが理想的です。
 一般的な”代金先払い”は、リスクが伴う事を認識して活用して下さい。

【参考】ゆうパック郵便局留め代金引換
 (発送者負担:運賃+代金引換送料250円+振替手数料及び為替料金) 品物を受け取る
 のと同時にお金を支払います。一度中身を開けてしまうと返品は出来なくなりますが、局留
 めにして郵便局の人に立ち会ってもらえば中身が違う場合に受け取り拒否ができます。
 支払う金額が違う場合にもその場は受け取らず一度相手に確認した方がいいです。
 自分がいない時に違う金額で受け取らないように家族にもこの金額で来るからと伝えておき
 ましょう。
 
 ※右記の条件を超える荷物は受付けてくれないのが難点。

5.トラブルに備える
 トラブルに巻き込まれた場合に備えて、以下の点に留意してください。
(1) 取引相手とやり取りしたメールは全て保存しておく。
(2) フリーマーケットの画面をハードコピーして印刷するか、ファイルに保存しておく。
(3) 代金を支払ったことを証明できるもの(振り込みの控え等)を保管しておく。
(4) 上記以外の情報(取引相手に関する情報)についても、正確に記録しておく。

6.トラブルに遭ってしまったら
 詐欺等のトラブルに巻き込まれた場合、以下の対応を行って下さい。
(1) 相手の住所が判明している場合は、配達証明付きの内容証明郵便で、品物の発送または代金の返却を求める。

※配達証明、内容証明については、以下のサイトを参照するか、インターネットの検索サイトで
 「内容証明郵便」等のキーワードで検索してみてください。
 郵便事業株式会社
(2) 掲示板の管理者まで連絡する
(IPアドレス&ホストを調べて発信元プロバイダの特定をします)
(3) 1.自分の居住地を管轄している最寄りの警察署等に相談に行く。
2.インターネット犯罪専門の相談窓口を利用する。
 情報セキュリティ広場
 WEB110番

※警察署に行く場合は、事前に電話連絡して、担当者と時間を調整することをお勧めします。
  また、訪問時には、上記「5.トラブルに備える」に記載されているような資料等を持参する。

 プロバイダや銀行に契約者の情報提供を求めても守秘義務を盾に教えてくれません。個人の力ではどうにもなりません。
 まずは、トラブルに遭わないように注意した上で取引を行う事をお勧めします。


実際に発生した詐欺行為の事例