DIY失敗談 その1へ戻る  DIY失敗談 その2  DIY失敗談 その3へ進む 

【Lukeさんの失敗談】 <2002年4月27日追加>
◆10年程前、東名を走行中に突然カーオーディオの電源が落ちました。(シルビアS13)で、港北PAでテスターでチェック
 したらバッテリーから直で引いたアンプのラインのヒューズが切れてました。(今なら、当然ショートだと分かる)未熟者の私は、
 なんとヒューズの部分の配線をひん剥いて直結!音が出るのを確認してトイレに行きました。帰ってみるとものすごい黒煙が!
 人だかりも出来ています。そうです。ショートが勝手に直るわけもなく、直結した線の皮膜が熱で溶け、さらにコード自体も溶解。
 おまけにまわりの配線やら内装も溶けています。簡単に言えば車両火災です(爆)すぐに配線をカットしてそれ以上の被害は防
 ぎました。が、数々の配線が剥き出し!(断線は免れた)群衆の好奇の目の中、ビニールテープで1本ずつ巻きました。
 ショートはセンターコンソールの下でした・・・(今なら絶対そんなところには通さない)
<ご本人からの一言>
教訓:たかが12Vでも舐めていると痛い目に会う。
以上です。


【YOHさんの失敗談】 <2002年4月27日追加>
◆NB-Rです。一月ほど前ですが近頃物騒なので盗難警報機を買って取付したときの事です。
 取付が終わり、内装を戻してバッテリのマイナスをつなぎました。?車幅とヘッドライトが点く・・・あれ? 間違って常時点灯になる
 ような事は何もしてないのに。もういっぺん内装外して電源を外したり、ナビやオーディオの電源も外したけど変わりません。
 ナビ、オーディオ、ブースト計と自分で取付してうまくいっていい気になってたのがいけなかったのか、納車一ヶ月なのにもうヤッ
 チャッタかと半ばパニクっていたところ、ふとステアリングコラムを見るとの真ん中にスイッチが...
 そういえば納車の時Dらーの担当の方が非常時に・・・などと申しておりました。
 夜の寒い中2時間も・・・ オレのアホー!(自爆)


【と4664さんの失敗談】 <2002年4月27日追加>
◆クーラントを抜いていたら思っていたより量が多く、バケツが溢れ出してしまいました。緑の湖が・・・
◆クールサーモ取り付け時に使い慣れないトルクレンチを使ったら、サーモカバーのボルトが切れた。
 Dラーさん曰く「水が漏れてなければ大丈夫」(今もそのまま)
◆作業の為車に潜り込んでいたら、何やらゴンゴンと音が。出てみてビックリ、娘(3歳)がハンマーで車を叩いてました。・・・
 子守りをしながらの作業は注意しましょう。
◆コンソールのネジは本数も多いし至る所にある。おまけに種類も多いので作業する度に違うネジが余る。
◆音質改善のためドアの内張りに加工を施しておりましたが、切断の途中で時間が無くなり断念。作業は計画的に!
◆DIYとは関係ありませんが、いつもガス欠寸前まで走っています。結構冷汗が出ます。


【Y.Hさんの失敗談】 <2002年4月27日追加>
◆ク−ラント交換時、ドレンを付け忘れたまま新ク−ラント注入、言わずと知れた全量タレ流し、1本丸損なり。
◆エンジンオイル交換後、フィラ−キャップを閉め忘れたまま走行、エンジンル−ムは見るも無残な状況となり、後始末に
 一苦労。
◆洗車時、カ−シャンプ−が無くなったので、他のもので代用しようと思い、フロ洗い用のマジックリンを使用したところ、
 洗っているそばから赤いボディ−がピンクに変色。これは、かなりダメ−ジ大きいです。
◆タイヤロ−テ−ション時、ナットが硬くて緩まない。レンチに乗って全体重を預けて揺さぶっても緩まない。仕方ないので
 丸太でレンチに一撃しようとしたところ、手元が狂ってボディ−を一撃、意味の無いヘコミを作ってしまいました。
◆下回りの補修のため、塗装を剥がそうと思い、床に寝転んで上向きで剥離剤をスプレ−したところ、タレた剥離剤が目を
 直撃!あの痛みはちょっとガマンできません。
◆車のDIYとは違いますが、家の改修を行うため、庭の木立を何本か切り倒すことになりました。DIYにて調子よく作業は
 進行していきます、いざ倒れるその瞬間、倒れるその方向にはなんと、私の愛車があるではないですか。時すでに遅し、
 みごと直撃!もう終わりかと思ったのですが、新緑が茂っていたせいでしょうか、ほんの擦り傷程度で済みました。本当
 に良かったです。
◆クラッチディスク交換時、しばらく作業が中断するので、フライホイ−ルが錆びたらイカンと思い、ラッカ−をスプレ−。
 数日後、作業は再開、無事終了。ところが、ラッカ−がいけなかったんですね、一度半クラッチを使っただけでラッカ−が
 溶け、クラッチディスクが張り付いてしまいました。その後しばらくはクラッチレスで走るハメとなり悲惨な思いをしたものです。
 (その後、ラッカ−が熱に負けたのでしょう、ようやくクラッチが切れるようになり一安心でした)


【よしゆき3さんの失敗談】 <2002年4月27日追加>
◆私もジャッキポイント4箇所が潰れている。
◆油圧計を取り付けるためオルタネーターを外したまでは良かったが、取り付けは2時間くらいモガいてた。。
◆車高を変えようと思ったがお皿が回らず、フェンダーに寄りかかって力を入れたら、えくぼが出来た。


【YOKOさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
そこでワタシも2点ほど・・・。
◆オイル交換をした時に、ドレンボルトを締めすぎて、オイルパン側のねじ山をダメにしました。めいっぱい締めないと
 アブナイと思い、メガネレンチを手で締めて、最後に足で蹴っ飛ばしたのが原因です(愚)。
 手で締めて、止まったところから少し締めれば良いんですね(^^; Dらーに修理に出した際、外してあったオイルパン
 でメカニックが締め具合を教えてくれました。
◆クーラントを交換した時のこと。新しいクーラントを入れて、キャップを開けたままエンジンをかけました。エア抜きの
 ためだったのですが、意外と早く沸騰するものですね(爆)。何度かエアが抜け、その分のクーラントを足していたの
 ですが、突然液面が盛り上がり、「どどーっ!」と溢れ出しました(激汗;)。もの凄い水蒸気がエンジンルームから立
 ち上り、車両火災の様でした。その後異常が無いか調べるために近所を走りましたが、停止するたびに水蒸気が上
 がり、とても恥ずかしかったです。
<ご本人より一言>
では皆さん、お気をつけて。


【barizoさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
私の苦労話も聞いて下さい!
◆後期タービンへ移植しようと(ちなみに当方C型)、レンタルピットでDIYを始めた時、2箇所のナットがどんな工具を
 使ってもはずれず、挙げ句の果てに完全になめてしまいました。場所が非常に狭いため、半日ががりで糸のこで
 切断したり、ドリルでナットをとばしやっとの思いではずしました。糸のこでナット切っているときは何度やめようと思
 ったことか・・・
 工賃浮かそうと思ってDIYしたのに、結局、レンタルピットを丸々2日もかりてしまい、思わぬ出費をしてしまいました。


【T−NAOさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
◆カーナビを取り付けた時のこと。エンジンをかけると止まっているのに画面が進む。しかも吹かすと速くなる。
 車速信号検出線がエンジン回転数信号に繋がってました。でもちょっとカッコ良かったかも。


【damegatsumanさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
当方がお世話になったこの話題が指南役様のおかげで再雇用(?)とあいなり、勝手に感動しております。
◆私の場合はDIY以前の低レベル、皆様にあれほど注意を喚起されながら、つい先日のこと…
1.メカに詳しいフリをして自宅Pにてボンネットを開けメンテするフリを開始
2.一段落の後、シブがってタバコをくわえ、愛用ZIPPOに点火
3.うっかり手がすべらせエンジンルームに着火したままのZIPPOを落下
4.慌てて取り出そうとしたところ、ボンネットロッド(支柱)を外してしまい、ZIPPOの後を追うように自分もエンジン
 ルームに転落。<たかPさん同様
 (こういった場合アルミ製であってもボンネットは意外に重くてカタいものである)
 (ケガをせぬ様まとめたつもりの配線類も、顔面にはなかなか厳しい)
 以上、解決まで約40秒ほどを要しましたが、その間3回ほどウメキ声がでました。
 大火災を発生してヨソ様にご迷惑をかけるような一大事に至らなかったことだけは幸いでしたが、
 数日たった今でも、どこかで誰かが目撃していなかったかと、気になってしょうがありません。
 …すべてが解決したと安心し、再開放したボンネットを勢い良くしめたところ、
 さっきのタバコと直立したZIPPOがグリルの上にぃ〜っ!!(つづく)
◆工賃を浮かすために友人に有給休暇までとらせ、新規購入したショックの組み込み作業を手伝ってもらいました。
 やった〜、新品だぜ〜っ、と試走に出てわずか100mで縁石に大ヒット!! 新品ダンパー、アーム類、ホイールその他
 モロモロが一斉に天に召されました。<轟音のち静寂の図
 「気持ちはわかるけどよ…。」と言ってくれた友人ですが、額に青い筋が…。(現在に至る)
<ご本人から一言>
いまさらながら改めて、DIYは火気厳禁、
また、油断大敵、集中して真摯に取り組むべきと悟りました。(反省)


【poohさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
私の失敗談は
◆オイル交換時にフィラーキャップを閉め忘れエンジンルームがオイルまみれになったこと。
◆フロアジャッキでジャッキアップポイントをつぶしてしまったこと。
◆中古のオイルクーラのステンホースが裂けて、路上にオイルを垂れ流したこと。
◆アッパーマウントのボルトをねじ切ってしまったこと。
<ご本人より一言>
うーん、挙げればまだまだでてきそうです。


【YOHさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
思い出した小ネタを追加します。
◆半田ゴテでシートを撫でてしまった。穴が明かなかったせめてもの救い。
◆洗車中にワイパーを上げたままトランクを開けてしまった。しかも同じ日に三度も。
◆リアドアを開けたら角を壁にぶつけてしまった。触ってみたら塗膜がポロッと。
◆腰が引けつつも逃げないでこちらを見ている猫がいて、どこからかかすかに鳴き声が聞こえるのでボンネット
 を開けたら、勢いよく子猫が飛び出してきた。


【yossyさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
みなさんの武勇伝を爆笑しながら読ませていただきました。
自分も少しばかり、、
◆Rrデフのイニシャルはどんなあんばいかな〜と思い、右リアだけジャッキアップ。
 おっと、サイドも忘れずに解除、ホイールナットを回して〜・・・と思ったら見事に前進!
 クルマへの被害はほとんど無かったもののパンタジャッキをひん曲げました。
◆ナックルとストラットのボルトを20cmにもみたないメガネで外そうとして力一発!
 メガネが外れナックルにパンチ!コブシをおさえたまましばらく死んでました。
◆ミッションのドレンボルトなかなかの頑固者で、一番力の掛けやすい態勢になって力一発!
 やっと緩んでドレンを手で回していると、ボルトが顔面に直撃するのと同時に廃油のシャワー。
 風呂に入ってもニオイが取れず・・・。
◆バイクなんですがミッションブローの為エンジンをばらして組み付け終わった後、
 行き先不明のボルトが3本。何も見てない事にしてそのまま走行2万km!
◆3Lしか入らないはずのオイルが何故か4L入れてもまだ足りない!
 エンジン下の廃油皿にはあふれんばかりの半廃油合成オイル。
 片道5kmのオー○バッ○スへチャリで往復!
◆これは友達なんですが、オーディオ配線から分岐させて50Wのライトを模型用配線で使用。
 車両火災になってオーディオパネルがどろどろ。
◆夜中に車内に入って作業してたとき、ルームランプだけじゃ暗かったので親父が仕事で使っている
 200Wの作業灯を車内へ持ちこみ作業再開!触れないくらい熱くなることなんてすっかり忘れて下
 に置いといたもんだから、や〜なニオイがたち込めてきた頃にはフロアマットから煙が・・・。
 いや〜、内装関係は熱に弱いですね! ←自分の失敗を物のせいにする人
<ご本人より一言>
サンデーメカだろうがプロだろうが経験(=失敗)が大事!
そしてもっと大事なのが同じ失敗を繰り返さないって事なんですね〜。
ところでこないだはエンジンオイルまみれになりました。(←学習機能なし)


【Mainosukeさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
◆マフラー交換時に仮固定のボルトが外れて落下・・・。その時、習性というか本能というかとっさに押さえようと
 手が出てしまい小指を負傷!6年経ったいまだに爪が割れたまま男のくせにマニキュアにお世話にならないと
 髪の毛も洗えない指になってしまいました(苦笑


【平社員ケイさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
こんにちは、平社員ケイと申します。
皆様の失敗談、楽しく(不謹慎)読ませて頂きました。私の場合、2点ほど・・
◆装着していたレガリススーパーRをひとりで外そうとして、出口付近のマフラーリングを外したら手が滑って、
 タイコが頭に命中!星が見えました(ー.ー:
◆サイレンサーを外し、メチャクチャ熱いままトランクへ。床が燃えました。


【しげさんの失敗談】<2002年9月17日追加>
私の失敗談です。GDAに乗っております。
◆フロント筋金君を取り付ける際12mmのボルトをめがねラチェットで外そうとしたのですが、ボルトの頭とフェンダー
 内が近いにもかかわらず調子に乗って外していると、ボルトが外れそうになった頃にはめがねラチェットとフェンダ
 ーの隙間がほとんど無く、抜くことも締める事も出来ない状態でした。
 狭い場所でのめがねラチェットは気をつけましょう。もしくはひっくり返さなくてもリバースできるめがねラチェットを
 使いましょう。
 その後知恵の輪状態で何とか外れて事なきをえました・・・。


【カウント伯爵さんの失敗談】<2002年9月17日追加>
その節はありがとうございました。
私にも『失敗』があったのでお知らせいたします。
◆イグニションスイッチ付近からターボタイマーの配線を取ろうとしてステアリングコラムの下側にあったので、
 運転席足元に仰向けになってはんだごてを使っていたら、ぽたっとこぼれたはんだが腕をツツーと流れて、
 みみずばれになりました。目に入らなくて良かったです。
◆タイヤをはずすのに前と後ろ、2回ジャッキアップするのが面倒だし、油圧ジャッキが2つあるので、片方アップ
 したまま、もう片方もアップしたら車が傾いてハブボルトが接地して止まりました。
 体もボルトもなんともなかったので、まあ良かったのですが。
◆前の車のとき、リヤブレーキのドラムを取り付けたのを仮だったのを忘れて、アタリをつけるためにエンジン
 かけてギヤ入れたらドラムが吹っ飛びました。
◆後輪駆動車の前をジャッキアップした状態でエンジンかけたらギヤが入っていてジャッキごと5m位進みました。
◆プラグ交換しようとしてたら、落として新品を割ってしまいました。

DIY失敗談 その1へ戻る  DIY失敗談 その2  DIY失敗談 その3へ進む 

テンプレートのpondt