DIY失敗談 その2へ戻る  DIY失敗談 その3  DIY失敗談 その4へ進む 

【たか@C型WRXの失敗談】 <2002年10月3日追加>
◆自作アーシングでの失敗
 何を血迷ったかオルタネーターの+からバッテリーのーに繋いでしまい、
 当然ショートし、ヒューズボックスから煙が…
 ヒュージブルリンク(線型のヒューズ)は切れてしまいました。
 ステア交換での失敗
 センターのボルトを外して純正ボスの中に転がしたままステアを引っ張ったら、
 ボルトが飛んできて顔面直撃!!
 その衝撃でコンタクトレンズが飛んでしまい、探すのに30分ぐらいかかってしまいました。
 (割れてなくてよかった(^^;))


【やなさんの失敗談】 <2002年10月3日追加>
 こんにちは。私も恥さらしをひとつ。
 このHPのおかげでDIYするようになった私ですが最近水温計設置を試みました。ひととおり設置を済ませてエンジンON。
 するとアイドリングが3000回転位に。近所の人に「空ぶかしすんなー」って怒鳴られました。抜いたクーラントを足し忘れました。
 慌ててエンジン切りましたがターボタイマーが効いていて止まらない(笑)。
 更に今度はちゃんとクーラントを補充してエア抜きを兼ねてエンジンON。今度はバラバラバラとヘリコプターが飛ぶ様な音が。
 ジョイント設置の為に外しておいたアーシングの線がファンに触ってました。絡まなくてよかった。
 庭でのDIYは御近所に気を使いますね。ガレージが欲しい。


【TOMOさんの失敗談】 <2002年10月3日追加>
 こんにちは。
 お任せ下さい(笑)
◆リヤストラットを外す時のこと。
 サイド引いたままストラットを外して、バネ交換後取り付けようと思ったら・・・
 何故かアッパに入らない(汗)
 持てるフルパワーを駆使して、うんうんするも全然入りません(汗)
 クソ暑い中汗だくでへろへろになって・・・
 ん?サイドって関係あるのか?
 と思い、サイドブレーキ解除したところ・・・・あら〜 簡単(爆)
 私の30分位格闘した無駄な体力は?
 一気に疲れてしまいました(^^;;;
◆先日のオイル交換での出来事
 市販の廃油捨てを使ってオイル交換してました。
 5Lの容量のところに・・・
 どうせマージンあるんだろうから7L位は楽勝だよね(おぃ)
 と2台分のオイル(ギヤ+エンジン)を1個の廃油捨てで受けることに(笑)
 ダハダバオイルをドレンから出していたら・・・
 最初のうちは特に問題なくいってたのですが・・・
 さて、そろそろ締めるかな・・・
 むむ?この黒い液体はナニ?
 ぎぇぇぇぇぇ! トイレットペーパー!!!!!!(^^;;;
 トイレットペーパーで増量補正(^^;
 酵素パワーのトップで中和処理と相成りました。
 <ご本人から一言>
 #教訓:容量はきちんと守ろう(笑)


【たくさんの失敗談】 <2002年10月3日追加>
 こわ〜い話をひとつ(笑)
 先日、愛車へver6RAのマスターシリンダーを装着した時のこと。
 交換後、エア抜きも完了し、試運転へ・・
 「しっかりしてるけど、タッチがなんか変だな?」と思いつつ帰宅。
 嫁にブレーキ踏ませて、マスタ周辺をチェックするとフルードがボトボトボト・・
 なんと! パイピングの締め付けトルクが不十分でフルード漏れしてました。
 幸いにも無事故で済みましたが、命に関わるところなんでビビリました。
 チェックして良かった(滝汗)
 <ご本人より一言>
 マスターシリンダー周辺をDIYされる方は、ほとんどいないと思います。でも気をつけてくださいね。


【Y.Hさんの失敗談】 <2002年10月3日追加>
 またやって来ましたかこのコ−ナ−。
 私もヘタすれば勘当もののネタを幾つか・・・
◆前回投稿のクラッチネタとダブりますが、実はあの際、貼り付いたクラッチをセルで剥がそうとしてセルモ−タを酷使して
 いたところ、ホンネットのスキマから薄っすらと煙が・・・。なおも酷使しているとモクモクと煙が・・・?こりゃまずい!と思
 いつつボンネットを開けるとセルモ−タが燃えてます。しかも配線の被服を伝って燃え広がる最中!!大慌てで水を汲
 み消火、燃料フィルタ−も近いだけに危機一髪でした。家に燃え移っていたら今頃は・・・
◆車の防音を高めようとして各ピラ−に一液のウレタンを注入した時の話。
 あれって、けっこう切れが悪いんですね。やたらとタレまくったお陰で車内外ともウレタンまみれ、いまだに取れません。
 また、使い終わった空き缶を始末するときにも事件発生。空になったと思ってもかなりの量が残っているようで、穴を明
 けた瞬間に中身が噴出!家屋直撃、壁や窓にウレタンがベッタリです。しかも家は築1年半ほど・・・。家族に知れたらどう
 なることやら?シンナ−とゾウキンで掃除しまくってどうにか復元できましたけど、顔に直撃だったらもっとスゴかったろうな。
 手に付いた分も取れるのに2週間ぐらいかかりましたからね。
◆DIYとはちょっと違いますが、車庫入れに失敗して家を直撃。水道の水受け?て言うのかな、灰色の石みたいなプラスチッ
 クのヤツ、これが真っ二つに割れてしまいました。さらに家の外壁も割れてます、今回ばかりは物証が残ってしまいました。
 さすがにマズイと思っていましたが、親父に言わせると水受けが小さかったようで、大きいのに換える口実ができたとばかり
 に、むしろ喜んでいました。外壁の割れもバスコ−クで修理して1件落着!よかった〜
 立て続けの新築住宅破壊未遂ネタ(一部実行)でした。


【嶋崎屋さんの失敗談】<2002年10月3日追加>  こんばんは。
 私もオイルネタで・・・^_^;
 夕闇頃にミッションオイルを交換中、オイルを抜き終わり、まず3リッター入れてゲージで見てみると、まだ・・・?と思いオイル
 0.5リッターを追加、まだゲージにオイルすら付かず???
 ふと、何か地面に光る物体が、そうですオイル漏斗の差込口が外れて全て地面に流れて広がっていました。
 お陰でオイル臭がしばらくとれませんでした^_^;
 そして、地面には未だにその名残が・・・


【自家用戦闘機さんの失敗談】<2002年10月3日追加>  お久しぶりです。私も一つ恥さらしを・・・
 数年前のオイル交換のときのこと、無事に交換も終わり、やれやれと思いつつウマをはずして静かに車を下げていると何やら
 メキメキと変な音が・・・ふと見るとはずしたはずのウマがサイドシルに思いっきり食い込んでる・・・そうなんです。はずしたウマ
 を車から十分遠ざけてなかったので下げてる途中で食い込んだのです!慌ててウマをどかせたときには・・・あとは御想像に
 お任せします。交換したオイルをこぼすのは日常茶飯事・・・常に古新聞と洗剤持ってます。
 <ご本人より一言>
 みなさん、傷を付けやすい道具はできるだけ車から遠ざけておきましょう!


【たむさんの失敗談】<2002年10月3日追加>
 えー、ちょっと前(たぶんH14の6月頃では?)の事です。
 注:文中に多数の某氏が出てきますが、全員別人です。(笑)
 フリーマーケットで近所の某氏より中古のターマックギヤを譲り受けたので、取り付けた時の話です。
 私は静岡市在住なんですが、場所を神奈川の某氏のガレージで行う事となりまして、
 同時に別の某氏がセンターデフ交換の経験豊かな為ご参加願いまして、その他多数の面々が集合しました。
 (半数はDIYと言うよりBBQでしたが)
 で、まあ苦戦しながらもセンターデフの入れ替えが終わりましたがミッションメンバーがはまらなかったのです。
 メンバーフロント側のボルト穴とボディ側の雌ネジがわずかにずれていたのです。
 ですが、そんな事とは思わず、メンバーを外したり、メンバーの結合ボルトを緩めたり締めたり試行錯誤を繰り
 返していました。結局、メンバーの穴を少し削って広げることにより取り付けが出来たのです。
 で、作業後は皆と楽しく話して帰路についたのです。 が、・・・。
 私の車には私と某氏(東部の足フェチさん)と某黄帝嬢が同乗していたので、楽しく話しながら某氏宅(ガレージ)
 を後にしたんです。で、私が「DIYの後はボルトが外れるんでは無いかと心配だよ〜」と言ったのですが、その後
 飛び石らしき音が車体下から聞こえました。
 某黄帝嬢が「飛び石だよ〜」と言ってくれましたが、私はドキドキしていたんですね。
 その後2回も飛び石らしき音がしたんです・・・
 「こういうときに限って飛び石が多いな〜」と皆で盛り上がったんです。
 その後、高速を走り無事に東部ガスミに参加、その後帰宅となりました。
 で、1週間後か2週間後に某黄帝工場にてリフトアップしましたら、デフマウントとミッションの結合ボルト4本が
 見事に有りません。(汗) 高速道路でチョット怖いと感じていましたが、これが原因だったようです。
 (当時はターマックギヤに換えた為と信じていたのです)
 でも取りあえず、普通の走行には支障が無いと判りました。(笑)
 ボルトの締め忘れという基本的なミスのお話でした。(長文で済みません)


【けいパパさんの失敗談】<2002年10月3日追加>
 夏場にバッテリーが上がってしまい、バッテリーを替えるべく作業をしておりました。
 バッテリー交換してボンネットを勢いよく閉めました。
 ??なんか抵抗があるな・・・。
 と、そのときは思ったのですが片付けている途中ふと気づくと工具が一個たりない。
 ?!もしや・・・!
 なんとボンネットとシュラウドのところに工具をおいたままボンネットを
 思い切り閉めてしまったのです。シュラウドとボンネットは
 工具の形に凹んでしまいました。(泣)
 しかし、ここで一考。
 エンジンルームの熱気を抜くのにちょうどいいではないか!!
 ということでボンネットは凹んでも気持ちは凹みませんでした。
 今でもそのままです。効果の程は・・・?・・・です。(笑)


【H.Aさんの失敗談】<2002年10月3日追加>
 クスコのトライアングルタワーバーをつけようと頑張ってドリルで穴を開けたら、前側に開けすぎてしまい、下の変な
 鉄板にも穴が空いてしまいました。しかも下側の金具がつきませんでした。それでは後ろ目にと思い穴を開けたら
 鉄板が薄すぎて・・・
 正解はちょうど二つの穴の真ん中でした。今日の夜、真ん中に穴を開けて溶接するはめになってしまいました。


【Mainosukeさんの失敗談】<2002年10月3日追加>
 出遅れましたが、
 先日、クラッチを換装した時
 以前86やS13は経験があったのでそのつもりでミッションをお腹の上に降ろしました。
 まったく計算していなかったんですが・・・・
 インプってトランスファーとFデフ内臓だったんですよね・・・・
 重いのなんのって、降ろしたのはいいけど載せる目途がまったくつかず先輩呼んじゃいました。
 翌日、身体中打撲と筋肉痛で動けませんでした・・・・


【poohさんの失敗談】<2002年10月3日追加>
 DIY失敗談なら結構あります。
◆先日マフラー交換をし、フランジの排気漏れをチェックしようと
 エンジンをかけたらキヤがニュートラルになくて、突然前進。
 危うくウマから車が落ちるところでした。
◆よくある話ですが、オイル交換してフィラーキャップを閉め忘れて
 エンジンをかけ、エンジンルームがオイルだらけになってしまったりとか、
 ナットの締めすぎでボルトをねじ切ってしまったとか。
◆取り外したパーツを元通りに組みなおしたと思ったら、最後にパーツ
(ボルトとか)が残ってしまったとか。
 <ご本人より一言>
 思い出せばいろいろやっていると思います。


【きちきちさんの失敗談】<2002年10月3日追加>
◆燃料ポンプを交換するときの話です。
 1晩おいておけば燃圧が抜けると信じてホースを引っこ抜いたまでは良いのですが、キーを挿してもいないのに
 燃料ポンプから燃料がとめどなく流れ出てきます。しばし唖然とした後、はたと気がついて給油口を空けてみたら
 プシュ〜と音がして流出は止まりました。
◆メーターパネルを分解し元通りに組んだ後、なぜかドアを開けるたびにハイビームか何かの警告灯が点灯…
 接触不良かとコネクターを清掃しても直らず。よくよく見たらパネルの透かしの入っている黒い板が裏向きに付いて
 いました。
 ハブボルトを交換するためブレーキキャリパーを外そうと手探りでボルトを緩めたら、ブレーキフルードがダダ漏れに…。
 キャリパーでなくブレーキホースが外れました。


【ターキーさんの失敗談】<2002年10月3日追加>
 初めてブレーキパッドを交換した時、外したまでは良かったものの・・・はりり?ピストンが戻らない。うぉーっでも戻らない。
 そこで私はブレーキフリュードを抜きながら、頭から浴びながらピストンを戻してパッドを組み込みました。後は創造出来る
 と思いますがポンピング3回でブレーキの感触がやっと足に伝わる程度で、サイドを併用して50Km位の仕事場の寮へやっと
 帰りました。今思うと非常に自殺行為であると同時に当時の自分は無知の塊。約二桁年前の暑い夏の出来事でした。

DIY失敗談 その2へ戻る  DIY失敗談 その3  DIY失敗談 その4へ進む 

テンプレートのpondt