DIY失敗談 その3へ戻る  DIY失敗談 その4  DIY失敗談 その5へ進む 

【もつさんの失敗談】 2003/09/23(Tue) 10:57
 初歩的なミスなんですが…
 先日アーシングをしようと思って、ボンネットをオープン。
 「バッテリーを外す。」わかってはいたんですが、+?−?わからない…
 ということで、「両方外せば大丈夫かな?」と思い、両方外したんです。
 そして…仕事をする事10分。
 悲劇は起きました。アースポイントに結んだケーブルの反対側がバッテリーの+に触れて「バッチ〜ン」と。
 被害はなんか飛んできたぐらいだったんですけど…
 心臓に悪かったです。はい。
 こんなところです。次回からはちゃんと「−端子だけ外します。」


【Kenさんの失敗談】 2003/09/23(Tue) 12:42
 久しぶりの失敗ネタですね。おいらも。。
◆排気温度計のセンサをつけようとして中古のエキマニをゲットして現物あわせで穴あけ位置を「おぉ、ここらへんだな」
 と目見当で覚えて万力で挟んでポンチ打って穴あけ、タップ立て。。純正エキマニをはずして加工したエキマニをセット
 しようとしたら、「うぉ、EXポート側とタービンサポート側と間違えて穴あけた〜」がっくり。3000円でゲットした加工用の
 エキマニはそのまま捨てて、純正を慎重に加工しました。。
 最後にEXポート側を仮締めしてほかのところをしっかり締めたものの、仮締めをそのままで工場をアトに。。家に帰って
 不安がよぎり、工場に戻ってチェックすると「うぉ、締めてなかった。。」
 ダブルで失敗した排気温度計センサ取り付けめでした。
 格言「現合加工はちゃんとマーキングし、最後は増し締めチェックしましょう」
◆前のクルマでエアクリーナをキノコタイプにしようと思い、作業したんですがネジが堅くでゆるまず、ここでナメられては
 いけないと思い、ドライバーを満身の力であてがって回したら、バランスくずれてネジ山からはずれ、エアフロ直撃しま
 した。..合掌。
 格言「ワーク?はちゃんと固定しましょう」
◆DIYではないですが、昔、仕事さぼってお山に走りに行ったとき、途中でパンク。。VOLKのグループCはいてたのでハブ
 に専用スタットボルトがついてたタイプだったんですが、しゃあないとスペアに交換しようとしたら、いやな感触とともにスタ
 ッドボルトが共回り。。タイヤが外せない。。
 無理矢理ふもとまで走って、いつもの工場に電話しました。はるばる100km、積車できてくれました。あぁ、仕事さぼって
 走りに行ったバチがあたったんだろうか。
 格言「仕事さぼって遊びに行くとロクなことない? バチアタリです」
◆バイクネタですが、DIY整備して「さて走ってくるか」とエンジンかけるもかからず。。再チェック、組み直ししてもかかららない
 と、長時間奮闘した結果、キルスイッチがOFFになってた。。無駄な時間を過ごしました。
 格言「トラブッたら冷静になりませう。」
 ほかに細々としたことはいっぱいあります。
・パッド交換後、ポンピング忘れて大通りに飛び出しそうになって歯ぎしりブレーキになった。
・ボルトをなめてしまい緩まなくなって工場に駆け込んだ。
・ジャッキアップポイントを間違えてロッカーアウターがベコベコにへこんだ。
・組んだらなんかネジが余った。
 仕事でも似たようなポカ、自分でもやりましたが、人のを見て思わず笑ってしまったことも多いです。(汗) いずれは我が
 身です。ハイ。


【Kenさんの失敗談:追加】 2003/09/23(Tue) 13:27
 WRバンパー用のフォグランプをヤフオクでゲットし、クルマにつけようと手に持って歩いてたら、ビニールで滑って落として
 しまい、一度も点灯どころか取り付けもしてないのにレンズ片側が粉々に砕けました。
 ヤフオクで同じレンズと思われるフォグランプをゲットし、組み替えました。
 残った片側のレンズは某馬男氏のもとに嫁いでいきましたが、箱入り娘になってます。(謎)


【カッパさんの失敗談】 2003/09/23(Tue) 19:10 No.5877
 エキマニ交換しようと安物油圧ジャッキで車体を思いっきり持ち上げたら、油圧ジャッキのシリンダーのキャップが割れて
 シリンダーのロットが飛び出て、下げれれなくなった。安いジャッキは信用出来ないです。(*_*)
 偶々下がらないだけで済んだのですが、もしも、突然下がったら危なかったです。(ロットが飛び出てシリンダーの口に引
 っかかったから良かったです。上げていたらプシュ〜とオイルが噴出してそれっきりなんて悲しすぎる)


【悠@GF8Cさんの失敗断】 2003/09/23(Tue) 21:06 No.5878
 今年の冬、前期型バンパーから後期型バンパーに交換したときのことです。
 フロアジャッキを使い、ジャッキアップしてラジエーター下のボルトをはずしていました。
 ふと気がつくとジャッキアップしたときより、眼前の余裕がありません。
 あわてて下から出て見ると、明らかに車高が少ーしずつ下がっていました^^;
 原因はフロアジャッキのオイルが古くなり、油圧低下していたのです。
 このところタイヤ交換とか長時間ジャッキアップしていなかったので
 気がつきませんでした。
 よく考えるとそのフロアジャッキも10数年使っているものでオイル交換もしていなかったのです。
 それ以来、ジャッキにも気を使うようになりました。
 タイヤを敷いていたとはいえ、車に潰されなくて良かったです。


【gocchi13さんの失敗談】 2003/09/23(Tue) 21:42 No.5880
 ないる屋さんのフロントバンパーを付けた時に事ですが、純正のバンパー(GC8 ver5)のウインカーは、バンパーを
 取り外さなくてもウインカーの取り外しが出来るので、バンパーを車体に取り付けてから、さてウインカーを付けようと
 したら先付けしないとダメみたいでバンパーを取り外すはめに・・・。
 ウインカーも付けたし、バンパーも車体に付けたし、今度は、ライトだなって思っていたら、ないる屋さんのはグリル一
 体型バンパー・・・。またまたバンパーを取り外すはめに・・・。 夏の暑い日曜日の事でした・・・。


【Lond Bellさんの失敗談】 2003/09/23(Tue) 22:10 No.5881
 トラストのピラーメーターパネルに、電子式油温計と油圧計を着けたときのことです。
 エンジン側の配線を済ませ、電源を取りだし、パネルの位置決めもバッチリ!よっしゃビス止めで完成じゃ!
 エンジンかけると・・・油圧計が振り切ってます。おかしい・・・配線も間違ってないし、センサーもOKだし・・・メーカー
 に問い合わせても良くわかんないし・・・・・・(T_T)
 結局メーター周りを全部分解すると、コードの束にタッピングビスが刺さって、ショートしてたのが原因でした。
 これだけなら良かったのですが・・・。
 しばらくして、走行中の軽いショックでルームランプがONになりました。(このときスイッチはドア連動です)
 ドアスイッチの不良か??と思いつつ外してみてもわからない。そうこうしているうちにルームランプのヒューズが飛び
 ました。見たところ何処も悪くないけれど、ヒューズ挿したとたんに「バチッ!」ますます(???)となり、自分でいじく
 ったところをすべて見直したところ、またもやピラーメーターパネルの仕業でした・・・(T_T)
 パネル固定ビスのうち、前回と違う1本が、Aピラーの中の純正の配線を貫いていました。
 このパネル見栄えはいいんですが、取り付けにはほんっとに苦労させられました・・・・・・・(僕だけかも・・・)


【峰茶さんの失敗談】 2003/09/25(Thu) 01:51 No.5885
◆高速で渋滞してても最近ラジエターファン回らんなー冬だからなーと思いながらも高速を走って帰省さらに家に帰ってきて
 ふとある日、DIYしてるとラジエターファンシュラウドにドライバーが入ってました、もちろんドライバーの柄は傷もつれでした。
◆ラジエター液のリザーバタンクのリザーバ缶(缶コーヒ)を付けていたのですが、固定するわけでもなくラジエターの配管と
 ライトの間にはさんでいたらある日4番ヘッド周辺で発見!さてはて動かした記憶は無いのだけど?
◆友達のフォレスターにEVC4を取り付けてさあレベル調整!すごい加速!自分のインプレッサより速いと思ったらブーストが
 あがるあがる1.2まで上がった所でPAにて確認すると配管が違ってました。まあ今でも元気に走ってるからいいのかな?
◆ホイルをはずして車高調整!さあ少し走って見るべと走り始めるとカラーンと音がする、慌てて止まって足回りを見ても問題
 なさそう念のためにともう一度ホイルをはずそうとして原因判明!ロックナットのキーが無い!何とか見つけてほっとしました。


【TOMOさんの失敗談】 2003/09/25(Thu) 11:25 No.5887
 こんにちは。
 自分でいじってる分色々とあります・・・(汗)
◆車ではないのですが、延命の進む単車を整備していたときのこと。
 コネクタの端子がサビていたので磨こうと思い、何を血迷ったのか短絡的にラジペンにスチールウールを
巻き付けて磨きました。
 磨いてピカピカになったところで・・・
 ん?スチールウールって金属だよなぁ。
 この細かく大量に着いてるウールのカスは非常にマズイのでは・・・(汗)

 その後エアブロースプレー、ビニル類に良くないパーツクリーナーのお世話になったことは言うまでもありません(汗)
 #整備しているのか壊してるのか?(滝汗)
◆車高調サスの調整をしていたときのこと
 固着して全然緩まない!
 CRC+フックレンチ+ゴムハンマ(賢明な人は解るはず)でバコバコやっていたんですが、リングが歪むだけで全然緩み
 ません(汗) 筋肉痛にもなるし、血マメは出来るし(T T)
 あとで聞いたのですが、ゴムハンマで叩いてもゴムで衝撃吸収してしまうからネジ部にインパクト加わらないんだそうで。
 ショックを与える時は金属ハンマー等の堅いハンマーを使いましょう(汗)


【めろん(♂) さんの失敗談】 2003/09/25(Thu) 12:16 No.5888
 床のアンダーコートをマイナスドライバーで剥がしていたら、ものすごくガンコにこびりついているところがあったので、プラス
 ティックハンマーでガン!ガン!と叩いたら、床の鉄板がめくれちゃいました。(シャレにならん)  


【せ〜ぼ〜さんの失敗談】 2003/09/25(Thu) 20:57 No.5889
◆前に乗ってた車ですが、車高調を交換しようと思いフロアジャッキでジャッキアップをしてウマをかけようと車に近寄ると・・・
 フロアジャッキにつまずきコケました!
 その時手に持っていたウマをフロントガラスに叩きつけクモの巣状に割れましたw
 ええ・・ 当然作業は中止、ガラス屋さんへ電話しました(涙)
◆友人の車がバッテリーをあげてしまったようなので、ブースターを繋ぎセルを回すと・・・
 ドカン!!・・・・
 突如バッテリーが爆発しました!
 端子のつなぎ間違いかと思い確認すると間違ってませんでした。
 自動車電機屋に聞くと液が減っている時は水素ガスが発生していることがあるので注意するようにとのことでした。
 って、やってしまってから聞いても・・・
 被害はバッテリーに爆発で飛んできたケーブルによるボンネットの凹み&バッテリー液をかぶった場所の塗装の変色・・・
 液の減ってるバッテリーには注意しましょうw


【きりはらさんの失敗談】 2003/09/27(Sat) 22:50 No.5902
 WRC風にマッドフラップを着けました。
 さー終わったと思い「カッコエエなぁ〜」なんて思って
 周囲から記念撮影でもするか!ってことでステアリング切って
 車動かしたら「ガリガリッ!バコッ!」っと激しい音(◎-◎;)  フロントのキャスター寝かせてた私の車は見事に新品のマッド
 フラップを拒否いたしまた(爆)WRCは趣味じゃ無いそうです。(笑)
 仕方なくリアだけ残して撤収...。<コノヤロー!
 次の日会社に行って車庫に止めたらまたまた「バコッ!」
 「なんだなんだ!」っと思ってリアを見たら車止めとタイヤの間に
 フラップ挟んでバンパー下がっちゃいました。
 おまえWRCに恨みでもあるかっ!...(笑)
 でもリヤは絶対外してやらんぞっ!
 悔しかったらバンパー取ってみろ!(-.-”)凸  ウリィ
 へ?その前に直せって?バンパー外れたてから考えます<直せって(爆)


【ダンシングブルー さんの失敗談】 2003/09/27(Sat) 23:39 No.5903
 この数日の失敗です。
 タイヤをローテーションさせようと思い、ナットをゆるめました。
 その時、手応えのおかしなナットが1個。
 引っかかるような感じで緩んできます。
 おかしいなと思いつつ、ローテーションさせて再度締めるとやはり手応えがおかしい。
 心配だったので、ショップまで行きまた外そうとしたらもう外れない。
 完全に噛み込んでしまいゆるまない。にっちもさっちもいかない。
 外すためには、ナットを壊すか、ボルトを折るか。
 とりあえず、きょうハブボルトを買ってきました。


【ほきいぬさんの失敗談】 2003/09/28(Sun) 07:44 No.5904
 PCV車高調のリアのバネ交換とリアのピロを純正アッパーに交換する作業を、平日、会社の駐車場で作業していたときの
 ことです。予定では、昼休みにリアの足回りを外し、暇を見つけて夕方までに組み直し、夕方から取り付けるつもりでした。
 まず、雨が降りそうなくらい曇ってきたので、仕事に集中できません。
 次に、あまり深く考えずに長いバネを買ってしまったので、ヘルパースプリングが微妙に入りません。
 夕方、なんとかヘルパーも取り付けて、車に装着してみるが、車高がメチャ高い。
 再度、取り外してヘルパーを外し、もう一度装着してみる頃、空は紫色に・・・。
 真っ暗になる前に取り付けを完了させたいので大急ぎでの作業に。
 でも、暗さのせいでブレーキホースを留める板みたいなのが全然見えない!
 なんとか取り付けはできましたが、初めての作業は時間に余裕を持たないといけませんね。
 まだ9月だと思っても、日が暮れるのは早いです。
 というか、DIY以前の問題かも・・・。


【グランブルーさんの失敗談】 2003/09/29(Mon) 17:08 No.5909
◆サスを車高調に交換しサスストロークが短くなった車両を、パンタジャッキでリフトアップ、ジャッキをかけたのはリアの
 サイドシル下部(取説にはここがジャッキアップポイントと記載されています)・・・その結果ジャッキアップポイントがへこみ
 ました。サスのストロークが短くなっているためこの箇所をジャッキアップするとフロントタイヤもほとんど浮いて、車両片側
 の重量が全てこのジャッキアップポイントにかかるためのようです。
◆フロントトランスバースリンクブッシュを強化品に交換作業中、レンタルガレージでの作業であったため時間を少しでも
 短くガレージ使用料を安くするため、慌てて作業。新トランスバースリンクブッシュを取り付けるのにボルトを最初手締めせ
 ず、一気にインパクトレンチでバリバリ・・・その結果ボディ側タップがつぶれてしまい、タップ切りを借りてタップきりなおし・・・
 おかげで2時間くらい時間オーバーでよけいにガレージ使用料かかりました。
◆燃料ポンプをASSYごと交換作業し、その直後、GSに入ってガソリン給油・・・そうしたらタンク下部よりガソリンがじゃー
 じゃー漏れてるじゃあありませんか!!あわててGSの隅っこで燃料ポンプASSYを元に戻す作業を実施、そのとき燃料ポン
 プASSYをタンクに固定してあるナット8本のうち1本を締めすぎてボルト1本がポキッ!このボルト単体の交換は不可能でタ
 ンクASSYごとの交換になるらしいです。ですからいろいろ聞いた結果、プロ用液体ガスケットを入手しポンプASSYとタンク
 側の間のゴムパッキン部にたっぷりと塗って残り7本のナットで固定しました。今のところ不具合は出ていません。
 これらのことより教訓・・・「DIY作業は時間に余裕を持ってあわてずおこなおう!」です。

DIY失敗談 その3へ戻る  DIY失敗談 その4  DIY失敗談 その5へ進む 

テンプレートのpondt