DIY失敗談 その5へ戻る  DIY失敗談 その6

【くわっち@GDAさんの失敗談】2005/01/19(Wed) 23:04 No.8019
 「お前はもうDIYするな」と言われそうな事例ばかりですが、何卒ご容赦下さい。(最近は自粛しております)
◆パワステポンプのOリングを交換しようとしたんですが、そもそも構造をきちんと理解しておらず、「これでいいだろう」と適当
 に挿入して(どこに??)、エンジンをかけたところ、パワステフルードがダダ漏れになってしまいました。某ホームセンターの
 駐車場で、暗い中の作業だったので、正しく装着できていませんでした。あわてて自宅まで戻り、明るいところでやり直すこと
 で、事なきを得ました。某ホームセンターさん、ごめんなさい。
◆ブレーキのエア抜きをしようと思い、妻に手伝ってもらいました。「合図したら踏んでね」とお願いしたところ、がっしゃんがっ
 しゃんと車体が揺れる勢いで踏んでくれました。フルードタンク内で液面が揺れてそこからエアが混入したらしく、ブレーキ
 タッチが逆にふわふわになってしまいました。トラウマになってしまい、以来、エア抜きはショップにお願いしています。
◆WRカータイプのヘッドライトを購入して装着したところ、すべてハイビーム状態になっていることが発覚。アルミ板で遮光版を
 作成したのですが、使用した板の厚みが薄すぎて、数日で溶解しました。すけすけになってしまった遮光版を見たときは戦慄
 しました。
◆同じくヘッドライトネタ。ロービームの配光がどうしても満足できず、HELLAのプロジェクターライトを埋め込むことにしました。
 しっかりイメージして設計図も作り、加工も一部プロ&準プロにお願いして完璧に出来上がり。
 で、いざ装着!となったところで、ライトの一部がボディ側のステーに干渉するじゃないですか。(ぉぃ
 あれこれ悩み果てた末、ステーの一部を削るという暴挙に出ました。車のボディに鋸を入れてしまうなんて(ほんのちょっと
 ですけどね)。普段懇意にしてくれている洗車場のおじさんも、この時はさすがにあきれてました。
◆社外製のラテラルリンクを装着した後の話です。装着の際、ドライブシャフトの抜き方がどうしても分からなくて、トー調整用の
 偏心ボルトを、力いっぱい締めこみました。後日お世話になっているショップでオイル交換をしてもらっている最中、「おーい、
 壊してるよー」との声がカムワッシャがだめになっていました。(汗 当日たまたま在庫がなく、「んじゃ、作るか」という店長の
 ご好意で、ワンオフで削り出してもらいました。ありがたさとはずかしさで、いたたまれませんでした。
 ここで一句。
 DIY やればやるほど 思い知る プロの技術と己の未熟さ きっと、向いてないんだと思います。(涙


【清春さんの失敗談】2005/01/21(Fri) 19:48 No.8024
 お世話になっております
 私もいくつか。GF−8です
◆まず、フェンダー爪折りの際ドライヤーで暖めていました。そろそろいいかなーと思いハンマーで少しずつ叩き始めましたが、
 なかなか折れない為強く叩き始めましたが塗装がバリバリ割れ始めました。暖めが不十分だった為か?と思い何を血迷ったか
 ボンベのガスバーナーで暖め始めてしまいました 塗装が焦げました
 ハンマーがフェンダーの外側をヒット2回ほどしました。
◆次ですが、STIルーフスポ取り付けの際、ノーマルルーフスポ外しますが取り外した部分にゴムみたいな取り付けようの部分が
 必要なくなりますが(説明しづらい)カッターで切り取る作業の際、ガラスを削ってました。まだありますが、恥さらしはこの辺で。


【隼大さんの失敗談】2005/01/23(Sun) 15:00 No.8035
 お世話になります。今更大した内容ではないかもしれませんが宜しくお願いします。いずれも現在所有のGDB-A型の話です
 (以前はジャッキアップすらしたことなかったので)。
◆初めてのDIYとなった車高調取り付け作業。ブラケット部のボルトナットが硬く締まっていることは事前に調査済みでしたので
 延伸用にステンレスパイプ(安物)を使用したのですが。あっけなくそのパイプはぐにゃぐにゃになってしまいました。新たに
 太さの異なるモノを2本購入し、2重にして  何とかフロントのボルトを緩めることができました。よしこの調子でとリアの作業
 に取り掛かりましたが、誤ってボルトを締め付ける方向に回してしまい、今度はスピンナハンドルの根元がちぎれてしまいま
 した。その時は反対に回したことに気付かず、「リアはフロントより硬く締まってたんだあ」と勘違いして新たに太いスピンナハ
 ンドル+ソケットを購入、意気揚々と帰宅し作業再開と思いきや、スピンナの柄が太くなったのでパイプが差し込めない。
 結局もう1本(更に太い)パイプを買いにいきました。徒歩圏内に金物屋があってよかったです。
 作業は2日がかりになってしまいましたが。
◆アペックスのN1マフラーを購入し取り付け。とある日走行中に何やらビニールの焦げた臭いが。どうやら交差点で停車した
 ところに運悪くコンビニのビニール袋がエンドパイプに巻きついちゃったみたいです。家に帰ってガリガリ削りましたが、サビサ
 ビになってしまいました(売却済み)。
◆新車購入後間もなくハンドルロックを購入しましたが、ステアリング交換により使用不可に。新たに1本購入しましたが、よく考
 えてみると社外ステアリングって簡単に外せますよね?以来車を置いておくときにはタオルでステアリングを隠すようにして
 います。
◆リップスポイラー取付後、見た目には非常に満足していたのですが、取付けて2ヶ月も経たないうちに割ってしまいました。しか
 も当時借りていた月極駐車場の敷地内で。スポイラー自体はそれほど高価ではなかったですが、スポイラーが持ち上がるよう
 にれたのでバンパーの傷補修の方がお金かかってしまい、以来エアロ関係には手が出なくなってしまいました。ラ・アンさんの
 ウレタンリップでちこっとアクセントつける程度にとどめています。エアロ関係でいうと、某社のWRウイング付けてますが、トラン
 ク開閉の度にちゃぷちゃぷ聞こえてきます。ウイングの中がプールになっているみたい。
◆エキマニ交換後、バンテージの焼入れのために車を発進させましたがしばらくすると大量の煙&焦げ臭い臭いが。「これが
 焼入れの儀式かあ」としばらく我慢していましたが交差点で停車中ガソリンスタンドのお兄さんが近づいてきて一言。「燃えてる
 よ」。純正アンダーカバーにオイルでも付いていたのでしょうか?ちろちろと火がついていました。すぐに消し止め、幸いアンダ
 ーカバーが溶けて穴があいただけで済みましたが、取説無視してカバー付けた自分の責任です。
◆STIのペダルカバーセットを取付けた時のこと。フットレストのボルトをトルクレンチで締めていましたが、手が届き難く力の入れ
 方が悪かったのでしょうか?カチンと音がしないままいつまでも締め続けていたところ、案の定ボルトをねじ切ってしまいました。
 通常ボルト2本で固定するところを1本だけになってしまい、ある日走行中にフットレストがずれて引っ掛かりクラッチが切れなくな
 ってしまいました。あの時の恐怖は忘れられません。自分ではどうしようもなさそうなのでそのうちDラーにでもお願いして残った
 ボルトを取り除いてもらおうかと考えています。そういえばバッテリーターミナルのボルトもねじ切っちゃったなあ。
 疲れているときって集中力が低下しますので、すぐ側にウマ置いてるのにドアを開けてしまい傷をつけてしまったり、ホイールの
 ボルト緩める前にジャッキアップしてしまったり、外したホイール&タイヤを転がしてて誤って倒してホイール表面に傷をつけて
 しまったりと、結構ポカやってます。
◆どうでもいいことですが昨年当たりから車体下側等狭いところで作業すると、ほぼ必ず肩がおかしくなります。
 エンジンルームから車内への配線引き込みとかも、もうやりたくないなあと(まだ30歳手前なんですがね)。
 やりたくないといえばこれまで何度か車高調整やりましたが、レンチかけるところが硬すぎて手を怪我した確率は100%でした
 (いつまでたっても上手くいきません)。
 以上です。2人目の子供ももうすぐ1歳になり、車をいじる時間も徐々に少なくなってきてはいますが、これからもメンテナンスを
 含め自分で出来そうなことはなるべくやっていきたいと考えています。初心を忘れることなく安全第一で頑張っていきたいです。
 これからも宜しくお願いします(永久初心者より)。


【ぷちおやじさんの失敗談】2005/01/24(Mon) 17:12 No.8041
◆先日自分のジャッキがオイル漏れするので、友人宅でジャッキを借り施工することに。
 早速作業開始、いつもの様にフロントジャッキアップポイントで上げていると、15cmほど浮いたところで、ストロークの割りには
 上がらない!変に思いつつ下を除くと、ジャッキがアスファルトにめり込んでいる。やばい下げなければと思った瞬間、めり込み
 ながら横に倒れていく!隣には友人の車!止められる?いや無理だろ!オイルパンは?アームは?と走馬灯のように色々と
 想像しまくったが、友人の車まで5cmで着地!自車も無傷!ジャッキを曲げただけで済みました。
 まさかアスファルトが軟くなっているとは
◆エンジンルームを横から覗き込んで作業をしていると、
 MA-1のジッパーやら、ベルトのバックルやらで、フェンダーを傷だらけにします。背筋の強化と腹の出っ張りをなんとかしないと
 というより作業時の服装に気をつけるべきですね!
◆友人の話ですが、FC-3Sのドアをはずしたところ想像以上に重く、抱えたまま下敷き状態で身動きが取れなくなり、
 家族に救出されたとかType-Rは要注意!
◆後輪の前側に、金属の折りたたみ式の輪留めをして作業!
 作業後輪留めをとり忘れ、そのまま車をバックさせ前輪で踏みつけバースト!


【ターキーさんの失敗談】2005/01/24(Mon) 22:27 No.8047
 思い起こせばあれは約2年前の秋
 私は筋金クンの取付けを行ってました。
 まずはインナーフェンダーを外し、作業をしていました。その時までの私のワクワク気分です。メーカーではフェンダーの
 脱着は不用、フムフムその通りだな!うーん、工具がギリギリだがスパナを曲げれば。おっ!なんとかキコキコ作業できる
 んじゃん! しかし暗いなー ここからです。私は明り確保の為にドアを開いて作業する事に決定しました。作業した事の
 ある方は判って頂けると思いますがあそこは中々の高トルクです。ちなみに私の駐車場は斜めです。それもドアが閉まり
 やすい方向で作業していました。ボルトを締める度に車は揺れてました。ここで予想がついた方おられますでしょうか?
 な、なんとボルトをタイヤハウス側から締めている時に偶然?にも指が伸び、車が揺れている時にドアが閉まってしまっ
 たのです。フェンダーとドアのあの狭い間に私の指を挟んだままそして私の車は2ドアです、とてもドアノブまでは届
 く訳がもなく、なにせあの5mm位いの間隔です、なにより痛い、とても痛い、見る見る紫に指先が変色して行きます。
 このまま腐るのか(意識が遠のく)5分位たったでしょうか?
 見知らぬ近所に住むと思われるオバサンが通りかかりました。
 私 「すいますぅえーん」
 彼女「どうしたね」標準語ではどうしたの?
 私 「ドアを開けてくれませんか」た、助かった
 彼女「これひっぱるんかね」これ引けばいいんだよね。
 私 「そ、そうです」は、早くして
 彼女「開けるよー」ドアがバムっと開きました。が!彼女の毛糸らしき手袋が滑り半開きのドアがまた閉まる。
 私 「フゴォ」チーン!
 2度目でしっかりドアを開けてもらい助かりましたが、その夜はあまりの痛みに眠れませんでした。火傷より確実に痛み
 はありました。嘘の様な話ですが本当です。こんな事は私だけでしょう。
 皆様、私の馬鹿さ加減を笑って下さい。参考にして下さい。
 本当に痛かったです。


【青春指南役の失敗談】2009年 1月25日(日)23:51 
 自分の失敗談から。
 某量販ショップでオイル交換を行なった際、オイルフィルターも交換するので4L缶+1L缶を購入しようか、4L缶のみ
 にしようか迷いましたが、綺麗に抜き切ってくれるとは思ってなかったのと、自宅に前回交換してあまった缶が有ると思
 い、4L缶のみにしました。自分の予想に反し、オイル量が4Lで足りなかったので、そのまま帰宅しました。
 家に有ると思ったオイルはすで使い切って無く、仕方なくショップに戻ろうとしたのですが、途中のホームセンターに立ち
 寄ってみたところショップで入れたブランドと同じオイルが安かったので(厳密に言うと1L缶の方が安かった)
 そこで購入し、駐車場でオイル追加作業となりました。
 1Lのオイルに穴を開け、そのまま注ごうとしたところ、きれいに垂れてくれず、注入口付近がオイルまみれになって
 しまいました...
 その後、洗車場に行ってエンジンルームをスチーム洗車したのは言うまでもありません。洗車代はショップでのオイル
 代+交換代との差額以上になりました。
 <教訓>
 外でオイル交換や追加をする場合は、道具や環境を考えて作業しましょう。
 場合によっては素直にショップにお願いしましょう。


【カッパさんの失敗談】2009年 1月27日(火)20:48 
 丁度、今の失敗談です。(^_^;)
 カプチーノのミッション分解しているのですが、解らなく成らない様に分解したミッションギャ−を綺麗に外した順番に並べ
 て置いたのですが、磨耗したシンクロに夢中になり、シンクロ部分を手に取って観察していたらいつの間にか、裏なのか
 表なのか解らなく成ってしまいました。(^_^;)
 だって手を持ち替えたりしている内にどの向きに成っていたのかなんて考えて無かった
 ギヤ−の順番やベアリングの順番は並べて有るから解るけど、シンクロの向きってどちらでも、組み込めるからどちらも
 同じかと思って居たら微妙に違う
 部品分解図では、何となくこんな感じ?って感じにしか確認出来ないし
 組み付けてギヤ−はうまく入らなければ向きが逆って事なのですけど、出来れば一度で済ましたい
 しかも寒いから、ダンボール敷いてリビングで分解している物だから、あの特有のギヤ−オイルの臭いに大クレームが
 手は手術前の医者の様にオイルでベトベトだし、クレームに対応するにも足でドアを開け足で洗面所の蛇口をひねる。
 (態度、悪過ぎですね。)
 「臭い」と言われてもね、玄関に移動するも臭いは残る(^_^)
 誰か、リングシンクロナイザのキーのスライドの溝が、キーに叩かれる様に横方向に広がり磨耗してしまう原因と対策
 方法を知っている人は居ますかね?(^_^;)
 ミッションケースの底にシンクロと思われる真鍮色した磨耗粉が見られるので、共振などで、シンクロが回転してキー
 に叩かれてしまって、磨耗速度は極めて速い状態に思えるのですけど?

DIY失敗談 その5へ戻る  DIY失敗談 その6

テンプレートのpondt